読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何もない一日じゃないはず

頭をひねれば、なにかは出てくる

腰が痛い

腰が痛い。でも腰痛持ちだとかそんなんじゃないと思う。

でもそもそもどこが腰なのかってわからない。スタンディングのライブに行ったときにしばらくすると痛くなるのは腰?それとも背中の下の方?いやいや背中の下の方イコール腰だからそれって結局腰ってこと?みたいになる。

ほとんど一日中座って生活している。PC触る時もメシ食べるときも休む時も。それで腰が痛くなる。

人間は猿からどんどん進化してきている。いらねえなってなったからもう人間にはしっぽが無い。名残みたいのはあるけれど。そうやって進化してきているのに、まだまだ腰は痛くなる。寝るとき以外、ほぼずっと座って腰が痛くなる要因をつくっているのにもかかわらずだ。まあいずれは座り耐性ができるんだろうけれど。

 

小学校とか中学校の頃は何か手負いであればかっこいいと思っていた。ケガしていればそれだけアクティブな感じを他人に見せつけられるし、同情もしてもらえる。周りとは違う”俺”ってことで満足していた。それは今でも続くことだけれど、それは本旨じゃなくて、当時は「腰痛い」なんて思ったことなかったなあってこと。高校くらいになると腰が悪くてひどいときは痛み止めの薬を飲んでるっていう人も見かけたけれど、小・中のころはそんなことなかったな~なんて思い出した。ってことは時が経つにつれてカラダが弱くなっているんだと実感する。今更言うほどのことじゃないけどね。

ツラい環境にいれば強くなるものだったら座って腰に負担がかかってる状態を続ければその分だけ腰が強くなっても良いと思うんだけれど(筋トレみたいに)。なかなかうまくいかないものですなあ。

 

あれ?なんかどうでもいい話になっちゃった。