読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何もない一日じゃないはず

頭をひねれば、なにかは出てくる

待ち合わせに関してのイライラ

ブログをちっとも更新しなかった。理由はリアルが充実していたから。といっても異性交遊といった一般的に語られてしまうリア充ではなく、その文字通り受け取るリアルが充実しているということである。異性交遊はちっともしていないが、ちゃんと毎日楽しかったりする。ではなぜ今ブログを書いているのか。それはリアルが充実している話と若干関わりがあるのだが、結論から言うと、月末なのでお金が無くなったということだ。正確に言うとあることにはあるのだが、今月の上限ぶんを使い切ってしまったのでもうお金が使えなくなってしまった。お金の有無でリアルが充実するか否かが決まってしまうなんてとても悲しく、そんな人生は間違っていると思われるだろうが、これはしょうがない私の日ごろの行いが悪かったためである。趣味の読書をするには本を買わなければならない。借りればいいのだろうが、借りた本の挫折率はとんでもなく高い。もちろん映画も観れない。というか電車に乗れない。となると私の余暇は愛車(自転車)に乗るか散歩をするかくらいとなってしまった。ただこれは疲れる疲れる。しかも天気が悪かったらできない。となると、本当は書きたくて仕方がなかったが面倒くさくて敬遠していたブログを書けるではないかと思いつくに至ったのだ。今までも時間はたっぷりあった。が、ヤル気が出なかったためできなかった。「忙しい毎日だぜコノヤロー」「はあ寝る時間もないぜ」なんてかっこつけているわけではない。

ただ書きたいからといって書けるものでもないのがブログ。いつも君のブログ面白くないから気にせず書きなよってアナタはおっしゃるかもしれない。そんなこと言わないでほしい悲しいから。大人と言うものは思ったことを心の中に隠して生きるもの。たとえネットの中での話だとしても、こうやって学んでいけば実生活にも活かすことができ、もっともっと成長できる。面白くなくても面白くないなりに頑張って書いている、これがあらがいようのない事実である。どんなに首をひねってもなるほどつまらないとしよう。でもこれは私がそれなりの努力をした結果の文章となっている。今の我がブログのおもしろ度が50だとして、もしこの些細な努力が無い場合は20になってしまうかもしれない。もうそれは読めないレベルなのだ。そんなの読んでたらマウスのホイールがすさまじい速度で回転してしまい、摩擦熱によってマウスが火を噴き、大事なお宅が火事になってしまうかもしれない。なんとか目が追いつく速度で読めるレベルにもっていっているだけでも私にとっては努力の成果であるということだ。そもそもブログを始める前は、「書きたいことめっちゃあるからその分たくさん更新しちゃうぞ」なんて高をくくっていたが、自分の考えたことをいざ文章にしてみるとつまんないったらありゃしないってことが多いことに気づいた。書き始めていても、さすがにこんなのムリだってなって削除することもしばしば。

でも暇なので今回ばかりは書こうと思う。何を書こうかってイライラした話だ。

 

待ち合わせについて。

先日友人と夕飯を食べるということで待ち合わせをした。時間は20時にある駅の改札前で。その友人はもとから時間より早く来る人で、早く着いたときに「もう着いたんだけど」と連絡をよこしてくる。これは本題ではないのだが、もうその時点で超むかつくのだ。何故って、早く着いたとしても自分で待ち合わせ時刻まで暇を潰せよって感じじゃないですか?いまどき暇を潰すことなんてたくさんあるでしょう。本を読むのもよし、本屋をふらつくのもよし、散歩もよし、スマホをいじるのもよし。いくらだってあるだろう。なのになんで連絡してくるんだよもう。それで連絡が来て、でも自分はもともとの予定時刻に向けて出発しているため、当然その友人よりは遅く着いてしまう。すると「ごめんごめん」とか言ってしまう自分がいるのだ。いやいや、俺悪くないじゃん!何謝ってんだ俺!むしろ最初の約束の時間よりは早く来てるし!なんでそれよりめっちゃ早く来たお前が偉いみたいになってんだよ!この問題はひとえにその友人が早く着いたことを私に連絡してきたことが原因だ。その人からすれば1分1秒でも無駄にしたくないのかもしれない。が、相手は気分を害すし、ちょっとの時間を有効にするくらい努力しなさいよ。これを読んでいる方はぜひ気をつけていただきたい。

では、本題に戻ります。おさらいすると、20時で会う約束していた。その日、私はその時刻の5分前くらいには改札あたりをウロウロしていた。しかも早く来すぎる前科が彼にはあったことや、その日は時間に余裕があったため、早めに行って駅の近くの本屋をうろついてからの改札前だった。さて、時刻は20時をまわった。まだ彼は現れない。いつも(本当にいつも)早く来る彼にしては珍しい。なのでラインで「順調?」と聞いた。お腹が空いて仕方がなかったからだ。するとすぐに「ごめん授業が長引いてて」「まだ続いてるからまた」と返信が来た。っておいおい!早めに連絡しなさいよ!なんで俺発信で聞かなきゃならないのよ!授業中に連絡したくない気持ちは分かるよ。でも今返してきてるじゃん。今授業中なんだよね?じゃあ今授業中にこの文を打ってるってことだよね。じゃあもっと早く送りなさいよ!詳しい時間まで書けなんて言わないよ。でもひと言「遅れる」だけでいいんだよ。3文字だぜ?何秒かかるんですかあなたは。ひょっとしたら1秒くらいでっせかかるの。送りなさい!しかもその人がいた場所は待ち合わせの駅まで電車に乗ってる時間だけで15分はかかる。もちろん駅まで歩く時間、電車を待つ時間がどうしてもかかるでしょう。だからもっと早くに「約束の時間には間に合わないな」と分かるはず。であればわかったその時点で私に連絡をよこすべきなのではないでしょうか。20時になった瞬間に遅れることが分かったわけではないだろう。事前段階で送りなさいよコノヤロウ。バカなの?ねえバカなの?

その日はそもそもの待ち合わせが20時で、夕食の約束であったこともあり、死ぬほどお腹が空いていた。そのせいもあり超超超イライラした。でも言えない。ここまで書いたことを本人には言えない。いつか大事なときに同じことをして相手を怒らせてしまえ!なんて思うが、ひょっとしたら私がなめられているだけで、他の人にはしっかり事前報告をしているのかもしれない。どちらにせよこれからもそんなことがあるのかと思うと非常に憂欝である。人に思ったことを言えないのが私の美徳であり、自身を愛している部分でもある。この怒りはどうすれば…ああブログだ!と思いこうなった次第である。

 

というかこういう人はいつも何を考えているのだろう。私と同じような状況に陥った時、「早く着いたからって連絡すると相手がイライラするからやめとこ」「早めに連絡しないと相手が困るからしよ」とか思わないのだろうか。人のふり見て我がふり直さないのだろうか。いつも何考えているのか。果たして、待ち合わせの相手が遅れた時に「ああ遅れてるな」しか思ってないのだろうか。仙人なのか。悟りを開いているのか。わからん。

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう

 

 そう思うとこうやってイライラしたことで私自身待ち合わせの時にどうすればいいかって考えるようになったのでありがたいとも言える。この経験はきっと将来役に立つ。少なくともブログのネタにはできた。ポジティブシンキング。どんな人との出会いも、必ず何らかの発見があるもので、やっぱり人間は人間同士の出会いによって成長する動物なのかもしれない。そんな絶好の成長への出会いに遅れたりなんてしたくない。