読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何もない一日じゃないはず

頭をひねれば、なにかは出てくる

観ているテレビドラマ(2015年1月~)

テレビ

今期はけっこうおもしろい気がする。

 

『流星ワゴン』(TBS・日9)

キャストは西嶋秀俊と香川照之でよく見る二人。重松清の大人気小説のドラマ化なんて観るに決まっている。1話は長めだったがそれを感じさせない脚本で期待できる。原作が人気であるからそのファンがいろいろ言ってくることもありえるだろう。読んでいない私のような人間はじゅうぶん楽しんでいるので気にせずやってもらいたい。そういえば以前この時間にやっていた『とんび』もおもしろかったなあ。今作への期待も高まる。

 

流星ワゴン (講談社文庫)

流星ワゴン (講談社文庫)

 

 

 

『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジ・月9)

『リーガルハイ』とか『相棒』とかの脚本をやっていた人が書いているらしい。2話目まで観たところだとコメディ色が強くて良い。デートへ向かう2人で始まり、「〇日前」とさかのぼっていくスタイルのためか飽きが来ない。何より素晴らしいのが藪下

依子と谷口巧のキャラの濃さ。自分を持っている人はかっこいいな。ニーt、ではなく高等遊民に憧れる。今後の展開としてありそうなのは、国仲涼子演じる島田佳織が巧のことを好きになるとか!?藪下依子といい関係になってきたところでそっちが入ってくる三角関係、良いでしょう。コメディ色が強いためいくら三角関係と言えど重苦しい雰囲気にはならないのではないかと踏んでいるのだが、果たしてどうなることやら。『結婚できない男』のみちるちゃんみたいに恋してフェードアウトしていくのもあり得る。

 

 

 

『銭の戦争』(フジ・火10)

期待してなかったわけではないが、予想に反して今期一番楽しみにしているドラマ。昨年『僕の生きる道』と『僕と彼女と彼女の生きる道』の再放送を全部観た私が草彅剛のドラマを楽しみにしないわけがないのだが、気づけばHDDに3話も未視聴でたまっていた。1話が2時間だからなかなか観る気が起きなかったのだが、いざ観てみるとめちゃくちゃおもしろい。こういう話はあの大人気ドラマ『半沢直樹』と比べられちゃうのかもしれないけれど、こっちは「今の地位から落ちないように頑張る」のではなく「落ちたところから頑張る」の違いがある。「ハラハラは心臓に悪い」を提唱している私にはこちらの方がありがたい。そしてなによりこっちには「恋愛」もあるんだぜ!大島優子演じる紺野未央と木村文乃演じる青池梢のバトル。どっちもかわいい!選べない!SMAPの主題歌もかっこいい!韓国のドラマが元だから壮絶な展開を迎えそうで恐ろしいが、期待してる。あと玉森演じる弟がめちゃくちゃウザい。「こいつ話に要らねえだろ」とか思ってたら「特別出演」って書いてあった。おそらく韓国の原作にはいないのだろう。マジで要らないし、唯一このドラマのダメな点をあげるとしたらそこ。*1玉森目当てでどうにか視聴者を増やしたいという気持ちも分かるが。

 

銭の戦争 DVD-BOX 1

銭の戦争 DVD-BOX 1

 

 

 

『残念な夫』(フジ・水10)

ここまでダメな夫はいるのかねえ?と他人事ながら考えているがどうなのだろう。世の奥様方の日ごろのうっぷんのはけ口にでもなればいいのか、そのへんはよくわからない。EXILEの黒木啓司さんは最近ドラマでよく見かけるが、今回の役めちゃくちゃいいのでは!?役者への道に磨きがかかるほどクセのあるキャラそうだし。残念な夫として玉木宏演じる榛野陽一がフューチャーされるが、他の家庭のすさまじさを考えると榛野家はかなりマシな方に思える。キャラクターたちのいろいろな関係が明らかになってきて、どんどんおもしろくなりそうな予感。こちらもコメディ色が強いから、そんなに暗い雰囲気にはならなそう。ゲッツ!

 

 

 

『問題のあるレストラン』(フジ・木10)

ひょっとしたら切りそう。でもいまのところ観てる。1話はムナクソ悪かった。わかってるこれはフィクションだって。でもなんじゃこりゃ。良いようにとれば、1話で視聴者を主人公側に心をグッと持っていった点は凄い。いやーでもこれ観てられるか?これから物語全体のすじとしては逆転の連続だろうから大丈夫か。今2話ぶんためてるからとりあえずこれは観たい。キャストの豪華さはさすがフジテレビ。私個人としては憧れる男性キャラが出ていれば話は関係なく文句なしで観れるのだが、いまのところそれは見つからず。今後に期待。

 

 

『花燃ゆ』(NHK大河ドラマ

設定は好み。インテリが多いから。上にも書いたが、憧れる男性キャラが出てると観ていて楽しい。でもこれ飽きるんだよな、途中で。30分くらいで「そろそろ終わらないかな」とか考えちゃう。それからの15分間、私の目は時計と画面の往復作業。逆に言えば30分くらいまでは集中が続いているとも言える。長丁場で果たして全部観られるのか。昨年の『軍師官兵衛』は途中で挫折して終盤また観るというありさま。どうせなら全部観たいのだが。

 

花燃ゆ 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

花燃ゆ 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

 

 

とまあこんなところか。『ウロボロス』と『ゴーストライター』はいまのところ録画しているが、一話も観れていない。録画容量が差し迫った時、未だ観ていなければ観ないかも。NHKのドラマはノーマークでもはや何をやっているのかもわからない。あと『ワカコ酒』も観ているのだが、放送時間を忘れて見逃してばかり。他の番組を録画しているから録画もできなくてうーむ。毎週その時間を意識していない時点でそこまで楽しんでいないと見るべきなのか。23時30分に食べるドラマを観ると精神上悪いからね!とプラスに考える。麻生久美子のやつも気づけばけっこう放送していて観れなかった。最悪途中からでも…。

でも今期はやっぱりおもしろい気がする。改めて私と草彅主演のドラマの相性が良いことを実感した。

 

*1:まず富夫に借金のことを知らせたくなかったとの親の考えがあったらしいがそこを無視してまで弟は兄に相談するべき