読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何もない一日じゃないはず

頭をひねれば、なにかは出てくる

浦和レッズ2015シーズンに向けて

私は浦和レッズを応援している。そんな人間の2015年シーズンに対するレッズの展望を書いていきたい。簡単な感想というか、思いのたけみたいなものである。

  • DF

昨シーズンの失点数の激減は素晴らしかった。西川の加入くらいしか手を打っていないから大丈夫かとも思われたが、意識改革が上手くいったのだろう。槙野・森脇の上がりも適度になり、その分得点は減ってしまったが致し方ない。1-0で勝てる試合が多かった昨年同様、今年も文化シャッターを見せてほしい。昨シーズンで槙野のシュートがちっとも入らないという印象が強くなった。「入るかも」と思ったからこそ入らなかったりするものだから、「入らない」と思っている今なら入るかもしれない。期待。新戦力の加賀はどのくらい使えるのかわからない。永田もいつも通りなのかも。那須さんには気合で頑張ってもらうしかないのか。手薄なボランチのひとりとしても那須さんは数えられそうだから、ケガは勘弁。

  • MF

柏木をボランチで使うとやっぱり厳しいかな。守備的に。ニューイヤーカップの清水戦で柏木のところを狙われてほとんどボールをつなぐことができなかった。途中から入ったためにそうなってしまったのかもしれない。ボランチの層の薄さはACLのことも考えるとひやひやする。阿部・鈴木は若くない。鈴木は昨シーズンの終盤に見られた不整脈の件もある。その為の柏木ボランチなのかもしれないが。2013シーズンに見られた「3点取られたら4点取る」サッカーでいくのか。柏から来た橋本が良い。もしかしたら昨シーズン李が活躍できなかったのは良いクロスの出し手がいなかったからかもしれない。ニューイヤーカップの清水戦で感じた。サイドチェンジを多用しそうな今シーズンはウイングの二人にかかっている。上下動頑張ってくれ。

  • FW

課題はご存知の通り「興梠不在時の攻撃」である。昨シーズン終盤の大失速はこれに尽きる。李も走って頑張っていたが、なかなかうまくいかなかった。柏木が興梠ありきのサッカーをしているように思えた。二人のコンビネーションは素晴らしく、柏木はボールを持った時は一番に興梠を見ているように感じた。ワントップのFWなのだから当たり前なのかもしれないが。残念ながら、李は興梠ではない。そこに対する意識が足りなかったのかもしれない。李は不動のスタメンとなっていた興梠を意識してか彼のような他を活かすプレーを多くしていたが、君に求めているのはそこではない。がむしゃらな得点に対する気持ちを君には求めているのだ。原口元気が抜けた今、シュートを打つ選手が求められている。李はそこで活躍すれば良い。幸い、新加入の石原やズラタンもどちらかと言えばセカンドトップのような存在である。李が活躍するチャンスはじゅうぶんにある。他にも武藤が上手くフィットしているのは良い。槙野に髪を切ってもらったからだろうか。レッズフェスタでもラッスンゴレライをやったりと以外にもお笑いキャラの一面が。信頼関係っていうのはサッカーの世界でも必要なんだなあ。

  • 全体として

できれば全冠とって欲しい。それくらいのメンツはいると思う。今年のJ1は強いところは強い、弱いところは弱いように思える。取りこぼしがちなレッズだが、それさえ無くせばいける。昨シーズンはケガが少なかった。終盤まではいつもフルメンバーで戦うことができた。こればっかりは運の面もあるから何とも言えないが、できることなら万全な状態で1年間戦ってほしい。個人的にはミシャの攻撃重視のサッカーは好きである。アウェイの鳥栖戦やホームガンバ戦、そういう気持ちが取りこぼしを生んだというのも分かってはいるのだが、観ていて楽しいサッカーをしてくれているというのも事実。理想なのだから、「楽しく戦って、なおかつ勝つ」サッカーを目指しても良いだろう。ただ、昨シーズンの守備改革のように、ミシャはちゃんと学んで次に活かしている。今年は勝っている時の戦い方も当然のようにとってくるかもしれない。

 

今年は優勝だ。もうスカパーニューイヤーカップ鹿児島ラウンドの優勝カップは手にした。小さい大会だとかは言っていられない。勝って優勝、それが大事。良いスタートダッシュを切ることができた。

来週から始まる2015シーズン、期待したい。