読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何もない一日じゃないはず

頭をひねれば、なにかは出てくる

ここ3日間の話

火曜日はあまりの吐き気に早退。家に帰っておとなしく寝ているとものすごい吐き気。なんとかこらえてトイレで吐く。さっき食べた昼食が出て行った。吐いた後は調子がよくなったので医者へ。嘔吐下痢と判断。未だ下痢はしていなかったがお腹は年中無休でゆるめだから納得。ついでに熱も出ていて悪寒もして辛かった。というわけで今日まで会社を休んでいた次第です。

昨日までは悪寒は続いていたものの今日になってみればすこぶる好調。今日から出勤しても良かったのだけれど昨日のうちに「明日は休もう」と思っていたから今更行く気にもなれず休む。こういう日に限って6時30分という落ち着いて会社に行くことができる時間におきてしまう自分。

だらだら過ごすのも疲れた。寝すぎたためか頭は痛いし首もどうやら痛めたみたい。寝続けるのは辞めて午後からは普通の休日のように過ごした。とはいえNetflixで本国版の『ミレニアム・ドラゴンタトゥーの女』を観ただけだが。本国版のミカエルはダニエルクレイグよりだいぶかっこわるいがリスベットにはすぐ慣れた。映像もデビットフィンチャーに負けず劣らずでこれから観る続編も楽しみ。原作は読んだけれどもうすっかり忘れてしまった。自分の忘却力はいつでも何度でも同じ話を楽しむことができる仕様なのだとポジティブに考えることにしている。

最近読んでいるのはミシェルウェルベックの『服従』。ガイブンを読んでいると世界の神髄に触れているような気がするオレ。「こんなものを読んでしまっていいのか?」と謎の自問自答を繰り返し読んでいる。非常に面白い。