読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何もない一日じゃないはず

頭をひねれば、なにかは出てくる

ドラマ中間感想

以前

テレビドラマ所感(2016年4月~) - 何もない一日じゃないはず

でスタートから2話くらいの時点で今期ドラマの感想を書いたわけですけれども、今回はその中間報告というか中間感想です。

まず、ここに挙げた他に観始めたのが2つあります。『早子先生、結婚するって本当ですか?』と『私結婚できないんじゃなくてしないんです』です。どっちもタイトル長いな。

『早子先生~』の方。超おもしろいっすね。なんで最初観なかったかというと特に気になる俳優もいなければ結婚ネタであまり興味が無かったから。でもなんとなく時間があった時に観てみたら面白かった。出てたら観たいってほどの俳優はいなくても雁助さんだったり貫地谷さんだったり好きな人は出てたんですね。2話目くらいからぼんやり観始めてちょっとしたら田中圭が出てきて「ああお得意の浮かばれない役ね」なんて観てたらなんと今期最高って言ってもいいなれそめといいますか恋の始まりを目にして最高でした。田中圭ってふがいない役だったりあと一歩って役が多い印象でそれは田中圭がそんな役を演じるのが上手いからっていうのがあるのかと思っていたのですが、もちろんそれもあるけどそれ以上に田中圭という役者のスキルが高くてたとえ上手くいく役もできるんだなという驚きとともに田中圭を見直しました。勝手に見直したわけですすみません。松下奈緒の低い声のナレーションもいいですな。貫地谷ちゃんはかわいくてキラキラした役をすると本当にかわいくてキラキラするから本当に好き。上手くいってほしい。

『結婚できないんじゃなくて』は徳井の少々クサい演技がたまらない。得意の少年時代の役者がテラスハウスで徳井と共演してる健太郎くんでテラスハウス視聴者としてgood。松井珠理奈が出て来る回想シーンの少女マンガっぽさが最高。甘酸っぱい。音楽も昔のヒット曲を使ってるから反則ワザとも言えるんだけど実際にグッときちゃてるんだからしょうがない。まあ結局は藤木直人と落ち着くのかもしれないけれど、それはそれで楽しみ。

あとは福士蒼太主演の『お迎えデス』は意外と面白かった。福士蒼太のキャラが最高。物語の流れとしてはありきたりなんだけど主人公のキャラの良さがドラマ自体の良さをグッと上げている。太鳳はまだそんなに輝いてないけど脚はキレイだしそれだけでいいよね。

松潤の『99.9』は観るのを辞めました。『ラヴソング』も思ったよりもおもしろかった。結局たくさん観てる今期でした。いそがしいぞ~。