何もない一日じゃないはず

頭をひねれば、なにかは出てくる

MODE MOOD MODE/UNISON SQUARE GARDEN

2018年元旦、年が明けてすぐユニゾンのニューアルバムが出るとツイッターで見たときの嬉しさたるや。「年明け早々サンキューな」と1人で年を越した私は呟いた。

しかも曲タイトルは伏せるという心意気。のちのインタビューで「曲のタイトルを楽しみにしてくれてる人がいるのを知ったから」みたいなことを田淵さんが言っていて、確かに「『スノウループ』ってスノウ3部作の3つ目じゃん超楽しみ」ってシングル『Invisible Sensation』の情報解禁で思った記憶があるので「みんなもそうだったんだね」とユニゾンファンのみんなに勝手に親近感が湧いてたりして。

ネット社会でたとえ悪気がなくても情報がリークされてしまう現在、少なくとも私の目には作品のリーク情報は目に入らなかった。すごい。まあ私も「ここまできたら何の情報も入れないで楽しみに待ってやろう」という気持ちになっていたので余計に目につかなかったのかもしれないが。発表から発売までが1ヶ月無く、楽しみに待つ時間が短かったのも我慢できた要因だよなと思っている。余談だけどフラゲ日の前日に雪が降った影響で、私の地域ではフラゲができず1日待つことになった。もう待たせやがってこのやろうとウキウキ気分で1日まったのも今やいい思い出。雪景色の中通勤の車の中で聴くアルバムの良かったことこの上ない。風情がありましたよ。

ということで1曲ずつ感想を書いていこうと思います。それと追加して今回発売までのカウントダウン企画としてユニゾン公式ツイッターで田淵さんセレクトの歌詞を一曲ずつツイートしていくっていうのをやってて、それにあやかって私の好きな歌詞をピックアップしていこうと思います。作詞作曲の田淵さん自身にピックアップしてもらうの超良い企画でした考えた方ありがとうございます。

 

1.Own Civilization (nano-mile met)

「I'm back! Say the code name」

もう浮かぶよね、ライブツアーでこの曲から始まる姿が。斎藤さんが「I'm back!」なんて言ったらこれから始まるライブへの楽しみが爆発して倒れちゃうこと間違いなし。ユニゾンの立ち位置、立ち振る舞いを歌った曲で、俺たちのスタンスはこうだからまあ物好きなヤツは自分の好きなように楽しんでってくれよというメッセージ。私はまんまとハマった物好きの一員なんですよね。

 

2.Dizzy Trickster

「あなたの世界で息をさせて」

こちらのユニゾンのスタンス曲で、まあユニゾンの曲なんだからユニゾンが思っていることを書くのは当たり前なんだけどね。主人公は音楽の聞き手、いち観客で、「別にこっちだけを見てくれなくていいから、あなたの世界で息をさせて」と。好きな音楽を好きな解釈で自分の好きな楽しみ方で勝手に高揚していきましょうと。歌詞どこチョイスしようかなーって思って歌詞カード見てたけどキラーフレーズばっかりで困った。ユニゾンっぽい曲。

 

3.オーケストラを観にいこう

「髪を切ったのも気づくし好きな番組だって知ってるよ」

情景が一瞬で浮かぶソング。個人的ユニゾンの「情景が一瞬で浮かぶソング」1位は『僕らのその先』の「改札閉まる乗り越し、精算してください うしろつかえるため息だけが通過した」なんだけど、それに並ぶ情景一瞬で浮かぶソング。メロディがとても綺麗でユニゾンってこういう音を足してもユニゾンらしさは損なわない凄さがあるよなと実感する。ピックアップフレーズは「好きとは」をあらわす良い表現でそうなんだよ君の好きなことなんでも知っちゃうんだよなーと共感共感の嵐。ちょっとキモいかもしれないけどね。好きなんだからしょうがないじゃん。

 

4.fake town baby

「愛してる この街を 愛してる」

初めて聞いたのはライブの時。初めて聴いたときに印象に残ったのがこのフレーズで、シングル発売後にCDを聴いたときにもやっぱり好きだなと思った記憶がある。かっこよくて好きな曲。

 

5.静謐甘美秋暮抒情

「モードなムード」

出だしのイントロから「おおっ!」となって感想に「やられたー」となるアルバム意外性ナンバーワン曲。そもそもバラード曲が少ないユニゾンにとって貴重なバラードだし、ピックアップフレーズにもあるようにアルバムタイトルになったフレーズが入った曲。だからってメイン曲では無いんだけどね。アルバムとして、ここでひと休憩といった印象。

 

6.Silent Libre Mirage

「ソラシド その後が出てこなくてピッチは不安定」

リズム感が良くて発売後は超聴いた。ドラマ主題歌で水泳バトルものだったということもあり、強気なギラギラ歌詞になっている。テンポが良いためか、ギラギラオラオラソングになってはおらず、ユニゾンポップになっているのが良いところ。

 

7.MIDNIGHT JUNGLE

オフサイドのホイッスル響いて容疑者の検証が始まる スタンドの兄ちゃんもこぞって責め立てるって何様」

自戒をこめてピックアップしましたよ。まあしちゃうよねそんな責め立てるってほどでは無いにしてもアイツなんで端にいたのに出ちゃうんだよとか思っちゃうからね。初めて聴いたときは「ミッドナイトジャングゥ〜」とか叫び出すからどうしちゃったんだいって感じだった。「もったいない〜」のところが好きで、ついつい歌っちゃう。

 

8.フィクションフリーククライシス

「結局世界は僕が救うしかない」

「SF中毒です」の箇所がメインと言っても過言では無い曲。印象に残るし最初「SF中毒の曲良いよね」なんて話してたくらい強烈なイメージを植えつけられた。ピックアップフレーズの箇所は初めて聴いたときなんだか泣けてきたのでチョイス。そんなたいそうな意味では無くて、自分の世界は自分で片付けるしか無いし、自分でどうにかするしかないよねって意味だと解釈した。映画『美しい星』の勝手に主題歌だと思ってる。てんかてんか。

 

9.Invisible Sensation

「高らかに 空気空気 両手に掴んで 咲き誇れ美しい人よ」

前曲『フィクションフリーククライシス』の終わりは『Invisible Sensation』の始まりと繋げる目的があるのだそう。確かに「〜タラッタタ!、高らかに〜」の自然さ、実にハマってるなと。この曲はもともと超好きで、ボールルームの2期主題歌として聴いたときに「こりゃすごい曲ができたな」と勝手に思っていたわけで、2017年の好きなソング第1位となっています。まさに「生きろ、そなたは美しい」という全肯定で、ひとそれぞれ美しいし、それだけで生きる価値があるんだよなと思い出させてくれる良い曲。

 

10.夢が覚めたら(at that river)

「きっとどの未来選んでもすれ違ってたから」

これは『ララランド』の勝手に主題歌です。間違いありません。ラララって歌ってるし。以前たっちレディオで田淵さんが絶賛していた映画『ララランド』。賛否両論でしたが、ピックアップフレーズにあるような解釈であの映画を観ればあれはハッピーエンドなのです。君は僕にとっては過去の女になってしまったけれど、愛してたけれど、今でもちゃんと愛しているんだよという気持ちでいただろうしこれからもそんな気持ちでいるわけで。『ララランド』をまだ観てない方はぜひ観てもらって、それからこの曲を聴いてみてください。

 

11.10% roll, 10% romance

「キャンバスにta-ta-la-ta踏み込んだら」

ボールルームの主題歌といえばこの曲。あれだけ『Invisible Sensation』が好きなのにもかかわらずそう。アニメを見る前にユーチューブで聴いたときはテンポ早すぎでうーんなんて思ってたけど、アニメの主題歌としてバッチリハマっててさすが田淵さんと思った。「1sec でコンタクト 2sec でcheck my toe 3sec お手をどうぞ right!」でアニメばーんの流れの良さ。踊る前のようすをOPの最後に入れて、踊りスタートイコールアニメ本編スタートという粋な計らい。好きです。ピックアップの「多々良」とわざわざ入れてるところも好きです。アニメ主題歌作曲センスナンバーワンことユニゾン田淵ここにあり!

 

12.君の瞳に恋してない

「君の瞳に恋なんてしてはないけどわかる」

わかる!アルバムで一番好きかも。スカどーんで斎藤さんのコラボを考えてもスカパラかなと思ったけど違うみたい。ポップで最強な曲ですよね。これもユニゾンの物好きたちへのメッセージソングだと思ってて、1曲目で「差し出された手は噛み千切るけど」って言ってるのにこのラストソングでは「僕の手握っていいから」って言ってくるなんてなんだよユニゾンツンデレかよ好きだよ。勝手にユニゾンからのファンのみんなありがとうソングだと思ってます。

 

アルバム全部で50分いかない時間で聴きやすい。あっというまの高揚感。何度聴いても色褪せない高揚感。さすがにシングル曲4曲は多いけどね。購入直後聴きまくってたときはシングル多いなって思ってたけど、しばらく置いてまた聴いてみるとちゃんと良きところに落ち着いてるなと感じた。『MODE MOOD MODE』はシングルが4曲も入っていること、ユニゾンといえば!な曲もあり、ちょっと変わった曲もあり、長年の物好きなやつらもニヤッとさせる曲もありな手放しでおすすめできるアルバムだと感じました。ぜひぜひ聴いてみてください。

 

MODE MOOD MODE (初回限定盤A) [CD+Blu-ray]

MODE MOOD MODE (初回限定盤A) [CD+Blu-ray]

 

 

はじめまして2018

魂は未だ2017年に置いてあったので、なかなか文章を書こうとは思えなかった。気持ちはあれどそもそもPCを開くのさえ面倒で、やはり現在はスマートフォンで何もかも済ませたくなってしまう。

というわけで今年の目標をつらつら書いていく。

 

転職をする

いままで散々書いてきたが、今の職場、仕事に満足いっていない。毎日本当に暇で、どうやって定時まで時間を潰すかばかり考えている。元来真面目な性格なので、うまいこと自分の時間を捻出したいが、堂々とサボることもできず、本当に辛い毎日をおくっている。「楽なのはいいじゃない」と言われればまあ確かにそうではあるのだが、たまに面倒な仕事を振られると時間が潰せると思うと同時に面倒だなとも思ってしまう自分がいる。このままだとますますダメな人間になってしまい、自分に自信も持てなくなる。実際に今の仕事にちっとも誇りを持っていない上に仕事をバンバンして生きていきたいとも考えているため仕事の話になると口数が明らかに減ってしまう。今の職場での状況を完全する気がちっとも起きないので、重い腰をあげて転職するのが一番だと思っている。

 

引越しをする

転職に連れて引越しもしたい。いや、もはや転職をして引越すのも良い。空気を変えて新しい自分になるための一歩を踏み出したい。お金と諸手続きの面倒ささえクリアすればなんとかなりそう。ちなみに初詣のおみくじにも「よろし」と書いてあったのでぜひしたい。

 

人を恨まない

急に漠然としたけど本当に思っている。2018年に入ってはや半月が経ったけれど、これはやっぱり難しい。果たして人を恨まずにいられる人がいるのか不明。方法を教えて欲しい。根底にあるのが「良い人になりたい」という気持ちで、自分とはなんて純粋なのかとびっくりする。

 

人と会う

そこそこ生きてきて自分がどんな人間なのかが分かってきていて、そのうちの一つに「ひとりが好き」というものがある。でも人と話すと面白いしいろんな発見もある。誰かと遊ぶのはついつい面倒だなと感じてしまうことがしばしばな現状な訳だけど、これをどうにかしたいと考えている。

 

映画を50本観る

もとから好きなことだから苦じゃないとおもいきや最近は「一つのことを最後までやり遂げられない」というなかなかダメ人間な方向に自分が進んでいて、ブログで言うと記事を書き始めて途中でやめたり、映画でもネットフリックスで途中まで観てやめるといったことが増えてきている。そこでまずは好きなことをやり遂げようと映画。50本にしたのはなにか明確なラインがあったほうがやる気が出るかなと思ったからです。

 

断捨離

引越すのがそもそも好きで、とはいえそんな回数はしていないんだけど、引っ越した時の新鮮な気持ちが好きだからなるべくたくさんしたい。その時にモノが多いと辟易しちゃうのでなるべくものを減らしたい。服はよくよく考えると気に入ったのが何着かあればいいし、本は電子書籍で良い。なるべく身軽になりたいなと。一時期流行ったミニマリストみたいな思考は自分の根底にあるんだろうなと思っている。

 

自転車に乗る

2017年は総じて10回くらいしか乗らなかった気がする。新しくゴルフを始めたから時間がなかったとも言えなくもないけど言い訳ですね。乗るとやっぱり楽しい。

 

とまあこんなところでしょうか。さてこれらの目標は達成されるのか、正解は1年後…とも限らないので乞うご期待!

 

2017マイベストディスクトップ10

 あけましておめでとう。今年もよろしくお願いします。

さて、年が明けたというのに未だ魂は2017年の方に残っているのか、今更マイベストディスクを発表する。

 

10.『助演男優賞Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)

助演男優賞

助演男優賞

 

 

9.『➗(ディバイド)』Ed Sheeran

÷(ディバイド)

÷(ディバイド)

 

 

8.『Pasific Daydream』weezer

 

7.『TOKYO』ベッド・イン

TOKYO

TOKYO

 

 

6.『DAMN.』Kendrick Lamar

ダム

ダム

  • アーティスト: ケンドリック・ラマー,K.ダックワーズ,P.ドゥティット,M.スピアーズ,D.ナッチェ,D.タネンバウム,R.ラツアー,A.ティフィス,D.エヴァンス
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/05/24
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

5.『夢みる惑星』さよならポニーテール

夢みる惑星

夢みる惑星

 

 

4.『愛の休日』柴田聡子

愛の休日

愛の休日

 

 

3.『twicetagram』TWICE

twicetagram

twicetagram

 

 

2.『まっしろな気持ちで会いに行くだけ』平賀さち枝

 

1.『Invisible SensationUNISON SQUARE GARDEN

Invisible Sensation (初回限定盤)(CD+DVD)

Invisible Sensation (初回限定盤)(CD+DVD)

 

 

以上となります。

アップルミュージックのおかげで聴く範囲が大幅に広がった。様様です。

 

2017年ドラマベスト10

年の瀬、君は幸せ?

もうこんな時期で紅白観ながら今年のドラマランキングを発表しようかなと。

 

10.ユニークライフ

妹最高。

 

9.嘘の戦争

草彅ドラマが大好物でして、そしてブラックな雰囲気、最高でした。

 

8.ボク、運命の人です

分かりやすいとはいえ、練られたストーリーで良かった。きむふみ可愛すぎ。

 

7.13の理由

もう死んじゃってると思うと悲しさつのる。月並みだけど、失ってから気づくんだよね。

 

6.リバース

友達と真相は何か、犯人は誰なのか話題になった。周りでモノマネも流行った。

 

5.マインドハンター

映像美。犯罪者にもかかわらずどこか憧れてしまう。マインドをハントされちゃうのがわかる。

 

4.カルテット

日本で出来る最高のロケーション映像美。会話劇の巧さだけで評価できる上にストーリーの意外な展開。

 

3.easy season2

生活とはドラマで各々が主人公というのを思い出させてくれる。オムニバスだけどシーズン1からの人もいて、愛着が凄い。確実にシーズン3もある。

 

2.ストレンジャー・シングス season2

最高。それだけ。観てない人は観て欲しい。少年少女の冒険モノの最高峰。頼むから次はウィルも一緒に冒険させてくれ。

 

1.マスター・オブ・ゼロ season2

凄すぎ。ドラマ作る人や観る人はみんな観た方が良い。シーズン2の挑戦的な取り組みは革命。その上に恋愛も入れてくる。アジズ・アンサリは天才。

 

 

ドラマとしての物語も大切だが、登場人物のキャラクターの魅力に惹かれること、もっとキャラの生活を見たい、そう思わせるドラマが好きなんだと分かった。

来年もどんなドラマが観れるのか、超楽しみ。

2017私の音楽の聞き方

音楽を聞く。それは当たり前の行動であって、趣味というよりも生活の一部と言った方が良いのかもしれない。別に音楽に詳しくてそれで食べてますみたいな人間ではないので、一般的なリスナーと言えるだろう。

ネット全盛の昨今、音楽の聞き方は変わってきている。そこで、自分の備忘録として、2017年現在の音楽の聞き方をメモしておきたい。

バイス

主にiPhoneで聞く。カナル型有線イヤホンで聞くことが多い。イヤホンはソニーのそんなに高く無いやつ。(たぶんこれ↓)

ソニー SONY イヤホン MDR-EX150 : カナル型 ブラック MDR-EX150 B

ソニー SONY イヤホン MDR-EX150 : カナル型 ブラック MDR-EX150 B

 

一時期イヤホンにこだわっていたこともあったけれど、「所詮いやほんだし、ある程度聞ければ良いや」くらいに落ち着いた。

あとはBluetoothヘッドホン。(これ↓の前の型かな?)

購入当初はよく使っていたけれど、ヘッドホンそれ自体の使い勝手の悪さから最近は棚にしまわれている。

Bluetoothの良さを知り、ネットで話題になっている安価なイヤホンタイプのBluetoothも買ってみたけど、さすがに聞けるレベルの音質じゃないと思って使ってない。今の技術でもっと高価なモノを買っていたら違っていたのかもしれないけれど。

手軽さを望んでスピーカーが欲しくなり、Bluetoothの入門スピーカーみたいなやつを買ってみた。(これ↓)*1

 アップルミュージックの曲を手軽にスピーカーで聞ける点で気に入っている。音質はiPhoneのスピーカーよりは良い。

あとは中学生の時に買ってもらったCDコンポ。これは買ってきたCDを聞く為。近隣住民の迷惑を気にしちゃうのであまり使わず。使っても微妙な音量でCD一周聞くくらい。果たして一年で何時間使っているのかわからない。 

音源

第一にあるのがアップルミュージックの存在だ。今現在もっぱらアップルミュージックをメインに音楽を聞いている。通勤は車で音楽を聞くのがほとんどなのだが、毎朝「今日は何を聞こうかな」と考え、アップルミュージックの「For You」だったり、「見つける」の新着やランキングを参考に何を聞いて行くか決めている。アップルミュージックは洋楽に強いので話題の新作洋楽を聞くことが多い。月額980円。高いなんてちっとも思ってないし、むしろ安いくらいだと思っている。まあ値上げされたらショックは受けるんだけど。

アップルミュージックに無いがどうしても聞きたい音楽はツタヤでレンタルをする。CDは買わない。レンタルの方が安いし、場所も取らない。CDを買ってもほとんどiPhoneに入れるからCD自体は聞かないため、CDがただの置物になってしまうのがすごく嫌だからだ。

どうしても聞きたいシングルがあってアップルミュージックに入らないやつであれば配信で購入する。CDでは買わない。前述のとおりの理由。

基本的にCDは買わない。モノが増えるのが嫌、MP3と音質が変わらない(と私は思っている)、メイン試聴機のiPhoneに取り込む必要があり超面倒、配信に比べやや高い、といった理由で買わない。ただ、何かしらの特典がある場合はCDを買う。ボーナストラックだったり、ボーナスディスクだったり、初回限定版にはDVDが付いてきますだったりしたら買う。大前提として超好きなミュージシャンというのが存在しているが。

まとめ

アップルミュージック様様であることは間違いない。いちリスナーとして、毎年多くの新作を聞けるのはひとえにアップルミュージックのおかげだし、「金払ってまで聞くのもな」と敬遠していたミュージシャンのアルバムをなんとなく聞くことで、その音楽が好きになったりもする。洋楽なんて入会前はちっとも聞いてこなかったわけだし。洋楽はレンタルに一年かかったりしてたし、アルバムをバンバン買う経済的余裕もないので。CDやレコードといったモノを通して音楽を聞く時代は終わりを迎えるのかなと思っている。フェス文化だし、体験としての音楽が今後のメインストリームになるだろうし、ますますCDは売れなくなると思う。私が唯一CDを買っているバンドもその手の「CDを買わせようという特典」さえなければ配信で購入する。

音楽への向き合い方は人それぞれで、各々にプライドがあるとは思うが、今現在この聞き方で落ち着いている。

というメモ的な備忘録でした。

今一番気になるのはエアーポッズです。聞けるレベルの音質なのか試してみたい。

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

 

 

*1:お気づきのとおりソニー大好き人間です